FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ついつい旦那が帰ってきちゃう、今日の献立

私が作った日々の献立をご紹介しています。

夏野菜のラタトゥーユ 

ポイントはドライトマト!!
   夏野菜のラタトゥーユ

<材料>
ズッキーニ ―――――――――― 小さめ1本
パプリカ ――――――――――― 中2個(色は黄色・オレンジがお勧め)
玉ねぎ ―――――――――――― 2/1個
フルーツトマト ――――――――― 中玉2個(高いけど、やっぱりおいしいので)
ドライトマト ―――――――――― 25~30g
ニンニク ――――――――――― 1片
ローリエ ――――――――――― 一枚
白ワイン ―――――――――――― 50cc
ドライトマトの戻し汁 ―――――― 50cc
塩 ――――――――――――― 少々
*タイム ―――――――――――  たっぷりと(生が理想)
*コリアンダー  ―――――――― 少々
*コショウ  ―――――――――― 少々
(必要であればはちみつ)

~作り方~
1>熱湯約500ccでドライトマトを戻す。(表示がなければ、30分くらいを目安に)
  その後、半分に切ってスライスに。戻し汁は網でコシて50ccよけておく。 
  (戻し汁はうま味がたっぷりなので、別メニューで使います。)
  ニンニクはスライスにして、多めのオリーブ油(大2~3)と一緒にフライパンに入れておく。
2>ズッキーニは一口大のさいの目切りに、他の野菜もズッキーニに合わせ多大きさで切る。
3>(*)のスパイスたちは、あらかじめ混ぜておく。(タイムが生なら、それ以外を混ぜる)
4>フライパンに火をつけ、弱火でニンニクを炒める。香りが出たら玉ねぎとローリエを加え
  玉ねぎがしんなりするまで炒める。
  (火を強くするとニンニクが焦げてしまうので、弱めの中火でじっくりと)
5>パプリカ・トマト・ドライトマトを加え、油が全体に回ったらズッキーニを加え、軽く炒める。
  (ズッキーニは油を吸うので、最後に入れます。)
6>白ワンとトマトの戻し汁を加え、アルコールが飛んだら蓋をして中火で10分~15分。
  野菜がしんなりしてきたら蓋を開け、味見。ワインやトマトの酸味が強いようなら
  はちみつを少しづつ加える。大丈夫なら水分を飛ばすように強火にします。
7>水分が少なくなってきたら味見をして、塩味を確認。
  ドライトマトは塩分を含んでいるので、塩が必要ない場合もあります。
  塩の抜け加減などによっても変わってくるので、最後は必ず自分の舌で確かめてください。
  (小さじ1/4以下で足りると思います。)
8>最後に合わせた(*)を加え軽く和えるように炒めます。。(タイムが生の場合も入れるタイミングは同じ。)
  スパイス・ハーブの香りが立ったら火を止め、盛りつける。最後にEVオリーブ油を一回しして完成。
  (生のタイムを使う場合は、少し分けておいて盛りつけに使うときれいですよ。)

野菜は煮崩れてしまうと台無しなので、煮込みすぎは禁物!食感も料理の一部です!!

花火ちょっとアレンジ花火
ズッキーニ、パプリカ、玉ねぎなどは干すのがおススメ。味の馴染みも早くなります。
香り付けの香辛料は、お好みの組み合わせでお好み量お使いください。
ドライトマトを使わず、塩豚の細切りを加えてもおいしいです。(バラ肉がおススメ)
  多く豚肉を入れたい場合は、普通のものを使うか、一度茹でこぼした(塩抜きした)塩豚を使います。
  ベーコーンやソーセージなども塩分が含まれるので、ドライトマトの量を減らし
  フレッシュトマトを増やすなどの工夫が必要です。
  どうしてもしょっぱくなってしまた時は、水を加えスープっぽくしてしまいましょう。

干し野菜のススメ
塩豚の作り方


ランキングに参加しています。
「役に立ったよ!!」というときは、下のバナーをポチポチっと押していただけると嬉しいです絵文字名を入力してください
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
スポンサーサイト



カテゴリ: 副菜

テーマ: おうちごはん

ジャンル: グルメ

[edit]

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード