07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ついつい旦那が帰ってきちゃう、今日の献立

私が作った日々の献立をご紹介しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

■切り身魚でお手軽アクアパッツァ風■ 

丸々一匹はちょっと。。。という思いを込めて
  切り身でおいしく作りました!

    切り身魚でお手軽アクアパッツァ風

<材料>
鯛の切り身 ―――――― 2切れ(カレイなどでもOK)
プチトマト ――――――― 8個
有頭エビ ――――――― 小さいもの4尾
ニンニク ―――――――― 1片
白ワイン ――――――― 25cc
水 ―――――――――― 25cc
タイム ―――――――― フレッシュ適量
塩、コショウ――――――― 少々

※有頭エビ以外に貝など、うま味が出るものであればOKです。お好みのものを選んでください。
※ドライトマトでも大丈夫です。見た目が好きなのでフレッシュを使っています。
※ハーブはローズマリーやローリエなどでもOK。


~作り方~
1>鯛の皮に2本ほど切り込みを入れ、塩コショウをしっかりと振り20分ほどなじませます。
 (水分をしっかり出しておくほうがおいしくなるので、20分は時間を置いてください!
 小骨は出来れば骨抜きで取ってください。)


2>トマトはヘタを取り、良く洗っておきます。
  エビは足の部分などに砂が入っていることが多いので、よく洗います。
  背ワタを取って水分を拭き、軽く塩を振ります。
  (エビを半分に折り曲げ、関節の隙間に爪楊枝を挿しこんで背ワタを取ります。
   うまくできない場合は、万能バサミで殻ごと切れ目を入れ、背ワタを取ります。

  もしエビの頭が取れてしまても大丈夫です。一緒にフライパンに入れちゃってください。
  
3>フライパンにオリーブ油をひき、潰したニンニクを炒めて香りを移します。
  水分をよく拭き取った鯛を、皮目を下にして強火で焼きます。あまり触らず焦げ目をしっかりつけます。
  ひっくり返したら端に寄せ、空いたスペースでエビを両面焼きます。

4>フライパンに水、ワイン、トマトを加え、上にタイムを置いて蓋をします。
  弱めの中火で3分ほど焼き、鯛に火が通ったらスープを残して盛りつけます。
  スープの味を見て薄いようなら塩を足し、上からたっぷりとかけて完成です!
  写真では彩りにイタリアンパセリを振りかけました。

アクアパッツァは、貝類などを入れずに作ることも多いのですが、切り身だとダシがあまり出ないので
必ず貝や有頭エビなどを入れてください。今回はお刺身用のちっさいエビがあったので
それにしましたが、ブラックタイガーなどどれでも大丈夫です。ミソと殻のうま味があれば大丈夫です!


花火ちょっとアレンジ花火
エビと貝を両方を使ってもOKです!
セロリやキノコ類をくわえてもおいしいです。
他の魚介類(蛸、いか、ホタテなど)を足してもOKです。具が増える場合は水加減を調節してください。
水だけ、ワインだけで煮てもOKです。


ランキングに参加しています。  (ランキングって何??という方はコチラをご覧ください。)
「役に立ったよ!!」というときは、下のバナーを押していただけると嬉しいです絵文字名を入力してください
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
レシピブログのURLはこちら
スポンサーサイト

カテゴリ: 魚介類

テーマ: +おうちでごはん+

ジャンル: グルメ

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://buccorori.blog62.fc2.com/tb.php/104-8335b4ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。