04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ついつい旦那が帰ってきちゃう、今日の献立

私が作った日々の献立をご紹介しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

■里芋の煮っ転がし■ 

ちょっと甘めの、でもくどくない煮っ転がし!
里芋の下茹で不要!

里芋の煮っ転がし

<材料>
里芋 ―――――――― 1袋(正味350gほど)
鰹ダシ汁 ―――――― ひたひた(水+ダシの素)
酒 ――――――――― 大1
みりん ――――――― 大3
醤油 ―――――――― 大1
塩 ――――――――― 適量

~作り方~
1>サトイモは皮を剥き、食べやすい大きさに切ります。

2>ボウルに里芋を入れ、塩で良く揉みゆすぎます。2回ほど繰り返してください。

3>厚手の鍋に油をひき、里芋を炒めます。全体に油がなじみ、表面の色がばOKです。

4>鰹ダシをひたひたくらいにまで注ぎ、柔らかくなるまで煮ます。
  (泡がひどい場合は、アク取りやお玉ですくってください。)

5>サトイモに竹串がスーっと刺さったら、みりん、酒を加えて5分煮込みます。

6>醤油を加えたら落とし蓋をし、中火弱ほどで煮詰めていきます。
  時々鍋をゆすって、底が焦げないように注意します。

7>煮汁が少なくなったら落とし蓋を取り、鍋をあおって煮汁を絡めてください。
  完成です!


定番の里芋の煮っ転がし、まだUPしていなかったことに気づきました絵文字名を入力してください
大好きです!!ちょっと甘めがおいしいのですが、あえて砂糖は使わずあっさりと仕上げています。
(うちでは滅多に砂糖で甘味付けしません!!)食べた瞬間、思わず微笑んじゃう味です絵文字名を入力してください

前にも書いたような気がするのですが・・・里芋は下茹でしません!
特別アクの強い種類は別ですが、基本的に下茹では不要だと思っています。
特に味も変わりませんし、むしろ栄養が逃げてしまってもったいない気が汗
里芋のぬるぬるは、脳細胞の活性化や、免疫力をUPしてくれる効果があるんですよ!
それをわざわざ捨てるなんて・・もったいない絵文字名を入力してください

最近読んだ記事で、今の野菜は、戦後の頃の野菜に比べて、アクの量・・と言うか
アクそのものがあまりないそうです。中にはえぐみのある野菜もあるのですが
体に悪影響をあたえるようなものはないそうです。
土の質がよくなったことも関係しているらしいのですが。。
すみません詳しくは良く覚えていません。。絵文字名を入力してください

その方は、下茹でや下処理で栄養を逃してしまっているせいで
栄養不足になりがちな人が多いと言われていました。。
それが原因でアトピー・アレルギー疾患を患っているひとが増えたとも・・・私?
ちょっと食生活を見つめなおしたく記事でした。

他にもサツマイモ!!よく5分10分と水にさらす工程を料理番組などでも見かけるのですが
サツマイモって、けっこうすぐに甘味が流れ出してしまうんですよね。。
でん粉が糖に変わるわけですから、よく考えると当り前なのですが
数年前までは私も「アク抜き」としてそれくらい水にさらしていました!
いまは軽く水で洗い、表面のでん粉を落とすくらいなのです。
昔「さらす」「さらさない」で実験したことがあるのですが、結果は驚きでした!!
甘さが全然違うんですよ絵文字名を入力してください 固定概念って怖いな・・と思いました。

最近では「アク」と言われているものが「害」ではないという認識ができてきたようで
野菜の本などにも「ポリフェノールですので水のさらしすぎは厳禁!」なんて文章も見かけます。
確かに色をキレイにするには、米と茹でるなんて工程は必要なようですが・・家庭料理ですから♪
そこはやっぱり見た目より栄養を考えてしまいますよね。

・・・なんだか真面目に長々と綴ってしまいましたが・・・
よは、里芋の煮っ転がしは下茹での手間を省いてもおいしいよ♪と言うお話でした絵文字名を入力してください
スミマセン・・・手書き風シリーズ汗2



ランキングに参加しています。  (ランキングって何??という方はコチラをご覧ください。)
「役に立ったよ!!」というときは、下のバナーをポチポチっと押していただけると嬉しいです絵文字名を入力してください
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください
レシピブログのURLはこちら

いつも拍手をくださいる皆さま、ありがとうございます!コメントまで頂けて、本当に幸せ者です絵文字名を入力してください
お返事は、拍手コメントを頂いた記事のコメント欄にさせていただきますので
お手数ですが、ご確認いただければと思います。(非公開の方はイニシャルで表示させていただきます!)



スポンサーサイト

カテゴリ: 副菜

テーマ: +おうちでごはん+

ジャンル: グルメ

[edit]

△page top

コメント

わー、目からウロコ!!

里芋の煮転がしは下茹で不要なんですね!!
確かに下茹でしてしまうとぬめりが少なくなって物足りないと思ったことがありました。
しかもあのぬめりに栄養成分が含まれていたなんて!!
あー、今までなんて勿体ないことをしていたんだろう!!
(ネットでも調べてみたらブッコロリさんのおっしゃる通りのようです)
今後は煮ころがしは下茹でしないで作ります!
時間の短縮にもなるし嬉しい(笑)
でもやっぱり塩でもんだりはした方がいいですか?
扱いやすくするためでしょうか?

URL | Ruri #zm1lasHM
2010/01/25 15:18 [edit]

Re: わー、目からウロコ!!

v-22Ruriさま

そうなんです!実は不要なんです!!
初めに「アレ?」と思ったのが、里芋の素揚げに餡がかかったものを見たときです。
それから野菜の本なんかを見てみると、皮ごと食べられる品種
せいろで蒸すだけで、簡単に皮がむけて食べられるものも見つけました。
しかも「電子レンジで軽くチンするだけで皮がむけて便利!」という裏技も!
その後色々と意識して見ていると、料理人の方々も特に下茹でせずに調理を。。
私も目からウロコでした!!しかもヌメヌメがいいとろみになっておいしいですよね♪

塩で揉むのは、ヌメヌメが多すぎると表面を焼き固めるときに
鍋にひっつきやすくなるからです。
あと、皮を剥いたときに落とし切れていなかった泥が表面についてしまうので
それをキレイに落とすためです。ヌメヌメで落ちにくいんですよね。。(汗

以前京芋を下茹でせずに食べたときは、若干えぐみのようなものがありました。
アレはアク抜きが必要だったかもしれません。それでもおいしかったですが♪
私の持っている本では「田いも」という種類だけ、下茹でが必要との表記されています。

これからは新しい食材は調理する前に色々と下調べをしなきゃ!!と反省です(汗

URL | ブッコロリ #-
2010/01/26 09:02 [edit]

よく分かりました!
これからはブッコロリさん流の下処理でやってみます。
素敵なそして有益な情報を、どうもありがとうございました!!

URL | Ruri #zm1lasHM
2010/01/26 18:17 [edit]

v-22Ruriさま

こんなに喜んでもらえるとは!
こちらこそありがとうございます♪

URL | ブッコロリ #-
2010/01/26 21:12 [edit]

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://buccorori.blog62.fc2.com/tb.php/234-8c7e0298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。