04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ついつい旦那が帰ってきちゃう、今日の献立

私が作った日々の献立をご紹介しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

■カレー粉で作る、鶏ジメジカレー■ 

わが家の定番!!
玉ねぎを炒めるのは疲れるけれど・・・作り方は、簡単です♪

カレー粉で作る、鶏ジメジカレー


<材料>
◆鶏の下味
骨付き鶏もも肉 ―――― 450ほど(ぶつ切りor手羽元)
a塩 ――――――――― 少々
aコショウ ―――――― 少々
a白ワイン(酒) ―――― 大1
aカレー粉 ―――――― 大1/2
片栗粉 ――――――― 大2

◆カレール―
玉ねぎ ―――――――― 2個
ニンニク ――――――― 2片
ショウガ ――――――― 20g
セロリ(茎) ―――――― 1本分 
ホールトマト ――――― 150g
バター ―――――――― 30g
クミンシード ――――― 小1/2
カレー粉 ――――――― 大3
あれば、ガラムマサラ、オールスパイス、コリアンダー少々を足します。

クミンシードは無くても大丈夫です。パウダーがある場合は、カレー粉に足してください。
  ガラムマサラは、辛さが引き立ちます。辛いほうが好きな方は多めに加えてください。
  チリペッパーでもOKです。カレー粉だけでも美味しく作れますよ♪

◆その他具・調味料
シメジ ―――――――― 1パック
ひよこ豆 ――――――― 100gほど
水 ―――――――――― 700cc
ブイヨン ――――――― 2個
b醤油 ――――――――― 大1
bオイスターソース ―――― 大1
b中農ソース ――――――― 大1/2
ローリエ ―――――――― 1枚
セロリ(葉) ―――――― 1本分

 
~作り方~
1>ポリ袋に鶏肉を入れ、<a>の材料を加えてよく揉みこみます。
  30分~1時間置きます。
  カレー粉で作る、鶏ジメジカレー下味

2>玉ねぎをスライスにし、クミンシードと共に大3ほどのオリーブ油で
  弱火でじっくりと濃いきつね色になるまで1時間ほど炒めます。  

3>その間に、ニンニク、生姜、セロリ(茎)をすりおろします。
  カレー粉で作る、鶏ジメジカレーセロリ、ニンニク、生姜をすりおろす

4>カレー粉をあらかじめ合わせておきます。
  カレー粉で作る、鶏ジメジカレー カレー粉

5>トマトは切るか、潰しておきます。
  セロリの葉とローリエは、タコ糸で縛り、ブーケガルニを作ります。

6>シメジは石づきを取り、大きめにほぐします。

7><1>の鶏肉に、多めの片栗粉をまぶし、フライパンでこんがりと焼いておきます。

8><2>の玉ねぎが濃いきつね色になったら、<3>を加え
  ニンニクなどにも色がつくくらいしっかり炒めます。

9>次にトマトを加えて水分が飛ぶまで炒めます。

10>バターを加えたらカレー粉を振り入れ、全体を軽く炒めて香りを立たせます。

11>水、<7>の鶏肉を加えます。
  沸騰したらアクを取り、シメジ、ひよこ豆、ブーケガルニ、ブイヨンを加えます。

12>蓋をして、とろ火で30分。<b>を加えさらに1時間煮込みます。
  こまめに底を擦るようにかき混ぜると、焦げません。
  カレー粉で作る、鶏ジメジカレー 煮込む

13>ブーケガルニを取りだし、一度冷まします。
  できればこのまま一晩放置してください。完成です!


一晩置くと、味のなじみが格段に良くなり、コクも出ます♪
うちでは必ず前日に作っておく料理です
クミンシードは、チャーハンやピラフ、ちょっとしたカレー風味の味付けに使うと
格段に風味がUPします!!「絶対買ってください」とは言いません。。
が、持っていても損はしないスパイスだと思います
普段のルーを使ったカレーでも、野菜を炒める際に少量加えるだけで
一味違う、風味のひき立った味に仕上がります
いつも買おうかどうか迷ってるそこのあなた!!ぜひお試しください♪

写真はサフランライスです。
お湯で戻したサフラン少々とバターと一緒に炊きあげました。
とっても香りがよく、おいしいです カレーとも相性抜群ですよ!

うちでカレーと言えば、これです!通称『鶏シメジカレー
実は旦那さまがまだ〝友達以上恋人未満″だったころ
初めて食べた手料理もチキンカレーでしたキャハ

その頃と比べ、レシピは大幅に変わってかなりシンプルになっていますが
今でも思い出の味として残っているようです。
作る度に「俺が初めて食べたブッコロリの手料理やで♪」と言ってきます。。

でも実はその時・・・・鶏肉に下味を忘れており、私的には失敗作でした
なのであまり掘り起こしてほしくない思い出だったり
味音痴な旦那さまでよかったよかった!!お陰で結婚できました

うちではチャツネやリンゴの摩り下ろしなどはいれていません。
きっと一般的には入れると思うのですが、フルーツはアレルギーがキツイので。。
味見をしてみて、物足りなさを感じたら、色々加えて下さい♪



ランキングに参加しています。  (ランキングって何??という方はコチラをご覧ください。)
「役に立ったよ!!」というときは、下のバナーをポチっと押していただけると嬉しいです絵文字名を入力してください
  ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村   応援の一押し、ありがとうございます!絵文字名を入力してください
(携帯からは対応していないそうです。。)

人気ブログランキングへ ←携帯の方はこちらを押していただけると喜びます♪

いつも拍手をくださいる皆さま、ありがとうございます!コメントまで頂けて、本当に幸せ者です絵文字名を入力してください
お返事は、拍手コメントを頂いた記事のコメント欄にさせていただきますので
お手数ですが、ご確認いただければと思います。(非公開の方はイニシャルで表示させていただきます!)

スポンサーサイト

カテゴリ: 鶏肉

テーマ: +おうちでごはん+

ジャンル: グルメ

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://buccorori.blog62.fc2.com/tb.php/265-5ecc559c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。