07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ついつい旦那が帰ってきちゃう、今日の献立

私が作った日々の献立をご紹介しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

■手間暇かけて、牛筋煮込み&丼! 

手間暇かけて煮込んだ、牛筋煮込み!お肌が・・・ぷるん♪
手間暇かけて、牛筋煮込み
                 ↑牛筋煮込み

手間暇かけて、牛筋丼!
                   ↑そして丼!

手間暇かけて、牛筋丼! 卵+キムチ
                     ↑温泉卵+キムチが最高です

<材料>3~4人分
牛筋肉 ――――――― 500g
酒 ――――――――― 適量
玉ねぎ ――――――― 1/2個
a水 ―――――――― 800ccほど
aダシの素 ――――― 適量
aダシ用昆布 ―――― 適量
a酒 ―――――――― 大2
bみりん ―――――― 大1~2(大2はかなり甘め)
b砂糖 ――――――― 大1
b醤油 ――――――― 大3
bオイスターソース ――――― 大1/2

トッピング
ネギ ―――――――― 適量
キムチ ――――――― 適量
温泉卵 ――――――― 必要分
おろし生姜 ――――― 適量
大根おろし+シソ ―― 適量

~作り方~
1>牛筋を適当な大きさに切り、たっぷりの水と酒を適量入れた鍋で
  1時間ほどグツグツと茹でこぼします。アクをしっかり取ってください。
  牛筋の下準備 グツグツ茹でこぼす

2>アクも脂も出なくなったら、ザルに上げます。
  水道からお湯を出し、表面を洗ってください。
  牛筋の下準備 お湯で洗う

3>深めの鍋に、2>とa>の材料を加えて火にかけます。
  沸騰したら昆布は出します。
  牛筋丼 牛筋を煮込む

4>b>の調味料を加え、蓋をして筋が柔らかくなるまで2時間ほど煮込みます。
  火加減は弱火強で、グツグツとするくらいが目安です。
  牛筋丼 調味して2時間煮込む

5>筋が柔らかくなり、煮汁が初めの1/3くらいまで煮詰まったら
  容器に移して1晩馴染ませます。
  牛筋丼 味をなじませる

~翌日以降~

6>コラーゲンでカッチカチに固まっているので、レンジの弱で軽く温めて溶かしてください。
  牛筋丼、固まってます

7>深型のフライパンで適当な大きさに切った玉ねぎをごま油で炒めます。
  6>の筋を加え、煮込みます。
  牛筋丼 玉ねぎを炒めて筋を加える

8>玉ねぎがしっかり色付き、煮汁がうっすら残るくらいで完成です!
  味を見て、もし足りないものがあれば足してください。
  牛筋丼 煮込む

器に盛りつけ、ネギを散らし、おろし生姜やキムチを添えて、煮込みとして!
ご飯に乗せ、ネギ、キムチ、温泉卵などを乗せ、丼として!!
お好みのお召し上がり方でどうぞ


花火ちょっとアレンジ花火
こんにゃくを加えても!
玉ねぎと一緒に生姜を炒めても!
この季節は新たまを使っても♪♪


牛丼の味付けって・・・難しい
なんとなく、まだ改善の余地があるような気もするのですが・・・・
これはこれで美味しかったので、UPします(笑

いやぁ。。キムチは最高でした♪♪
旦那さまは、丼を温泉卵+キムチで幸せそうに食べてくれました
(写真の卵はポーチドエッグ(失敗)ですが・・)
私は、丼で時々キムチ、時々そのまま、時々大根おろし+シソでさっぱり。を少々
そして煮込みとして、生姜を乗っけていただきました♪
牛は苦手で、どうしても途中でさっぱりしないと食べられないんですよね

みりん大2+砂糖大1は、けっこう甘く仕上がります。
でも生姜を加えるなら、時雨煮のような感じの味に仕上がり美味しいです!
うちではあまり甘い味付けは好まれないので、みりんん大1+砂糖大1にしました。砂糖を入れるのも、うちではなかなか珍しいですね
砂糖は場所を忘れるぐらいたまにしか使わない調味料なので

でもやはり牛のコクには、砂糖のコクが必要かな??と思うので。
みりん大3くらいで作っても、ちょっと物足りないんですよね・・。
うん。やっぱり牛の味付けは難しい!!


手間暇はかけるのですが、基本的に放置です!
実は一番手間がかかるのが茹でこぼしだったりします(汗

アクがも~凄まじいんです!!!
そして取り忘れるとすぐに吹きこぼれてしまい・・・・
吹きこぼれると、掃除がめっちゃ大変で・・しかも家中『牛』臭いです
なのでどうしても初め40分くらいは鍋から離れられず
雑誌や本を読んでても、ハラハラして集中できずにに断念します

茹でこぼしたものを煮込む時は、火加減さえ間違わなければ焦げ付くこともなく
基本的に放置です!用事をしている間に完成♪
どうしてもその日のうちに食べたい場合は、そのまま煮詰めてもらっても大丈夫です!
でも、できれば一度は冷ましてくださいね


ランキングに参加しています。(ランキングって何??という方はコチラをご覧ください。)
「うまそう♪♪」と思ったら、下のバナーをポチっと押していただけると嬉しいです絵文字名を入力してください
  ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村   応援の一押し、ありがとうございます!絵文字名を入力してください
(携帯からは対応していないそうです。。)

人気ブログランキングへ ←携帯の方はこちらを押していただけると喜びます♪

いつも拍手をくださいる皆さま、ありがとうございます!
コメントまで頂けて、本当に幸せ者です
お返事は、拍手コメントを頂いた記事のコメント欄にさせていただきますので
お手数ですが、ご確認いただければと思います
スポンサーサイト

カテゴリ: 牛肉

テーマ: +おうちでごはん+

ジャンル: グルメ

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://buccorori.blog62.fc2.com/tb.php/295-b362f7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。